« 第五回の6 「どうやって」宣伝媒体? | トップページ | 第二回:高度経済成長期の体験 »

2005年9月12日 (月)

第一回:サラリーマン経験

今日からの数回、これから起業する人、起業したばかりの人のための文章を書きたいと思います。

学生さんがそのまま起業することも少なくない時代になって来ましたし、そういったベンチャーが成功している実例も数多く聞きますね。
斬新なアイディアと豊富な知識で今までにない商品やサービスを提供することの出来る人は素晴らしいですね?

しかし、なかなかそういった人ばかりではないと思います。何らかの事情でサラリーマンの生活から、自分で自分を雇う生き方を選択することにする人も多いようです。

私はこのサラリーマンの経験がものを言うのだと思います。
サラリーマンのメリットは、会社が仕事を教えてくれること。それから、会社の看板を利用して、自分個人の名前だけではなく、会社の人格で対外的な折衝が出来ることです。

起業するとなると、仕事を教えてくれる人も自分の会社にはいませんし、個人の名前がイコール会社の名前であり、逃げも隠れも出来ません。
だからこそ起業するのはエキサイティングだし、やりがいがあるのですが、苦労も絶えないのです。

起業するにあたっては、サラリーマン時代に得意にしていたこと、サラリーマン時代に得た知識を必ず活かすべきなのです。

例えば、サラリーマン時代に扱っていた商品に関する知識だとか、そのセールストーク、営業の進め方などはその典型で、起業するにあたり、立ち上げる会社の商品をどう説明するのか?どのようにして売れるようにするのかと言ったことを考える時、必ず活用することを念頭におきたいものです。

そのために具体的な行動は、サラリーマン時代の経験、並びに学生時代、それからプライベートな趣味・特技などの時間の使い方の書き出しです。これを私は「人生の棚卸」と学びました。


今までの自分を冷静に客観的に見つめ、何が出来るか?何を学んできたか?何が他人より勝っているのか?それから何なら心血を注いで頑張れるのか?を列記するのです。
そうすると必ず、見えてくることがあります。営業戦略であったり、販促戦略であったり・・・、これをしないで起業のための事業計画を立てることは、持っている資産の持ち腐れです。もったいないことです。活かせるものは一つでも二つでも活かして、頑張りましょう。

header_r1_c1-mini

|

« 第五回の6 「どうやって」宣伝媒体? | トップページ | 第二回:高度経済成長期の体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一回:サラリーマン経験:

« 第五回の6 「どうやって」宣伝媒体? | トップページ | 第二回:高度経済成長期の体験 »