« 第十回:自分の媒体 | トップページ | 第十二回:逆選別 »

2005年10月 5日 (水)

第十一回:行動力

起業するにせよ、そうでない生き方をするにせよ、自己実現のためには「行動すること」が大切。

自己実現のためにするべきことを列記して、片っ端から動き出す、二つ三つ同時進行で行動すること、この行動力が何より大事です。

走りながら考えるのではなく、立ち止まって考えるべき・・・という方もいらっしゃいますが、私はそう思いません。

まず走り出す。もちろん考えながら、二つ三つ同時に走り出すと、それぞれの事柄がうまい具合に結びついたりするものです。

走り出さなければ、新しい気付きも軌道修正の必要性も見えてきません。

また、準備が不十分なうちに走り出すことによって「つまずく」こともあるでしょう。これもいいことだと思います。何をしたらつまずくのか、つまずいてみなければ分からないことも多いはずですから・・・。

もちろん、そのつまずきが再起不能なほどの大怪我にならない程度の思慮は必要ですが、慎重になりすぎて行動が起きないのでは何も生まれないのです。

・人と会うこと
・勉強すること
・まねをしてみること

「見知らぬ他人に話しかけるのは苦手」という人は少なくありませんが、見知った人になるためには思い切って話しかけないと始まらないのです。
質問をしてみる=教えてもらう、メールで、電話で、会ってみて・・・・行動することです。

勉強することはあまりお金がかかることではありません。ネットで情報収集すること。本を買って読んでみること。セミナーなどに参加すること。・・・・あまり大怪我に繋がる要素はありません。

「これは行ける」というビジネスをしている人、会社を見つけたらできる範囲でまねをしてみる。批判をしているより同じことができるかどうかやってみる。・・・これも大事、起業家は評論家ではいけません。

さあ、暑さも和らぎ、気持ちのいい季節、行動しやすい季節です。頑張って行動しましょう。

|

« 第十回:自分の媒体 | トップページ | 第十二回:逆選別 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第十一回:行動力:

« 第十回:自分の媒体 | トップページ | 第十二回:逆選別 »