« ターゲット設定のピンポイント化 | トップページ | 「人と会うこと」・・・これは仕入れですね? »

2009年3月 8日 (日)

生き残りを賭けたネット活用

おはようございます。湘南セールスプロモーションのセミナー講師、桜井淳です。先週もセミナー講師と販売促進コンサルティングのお仕事が忙しくて目が回りました。

でも、このところ、いつも同じことを申し上げていることに気が付きました。

それって、収斂されて来たということなのでしょう。

その内容は以下の通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎月10件以上の問合せ、資料請求、見積依頼が来るホームページを維持管理しましょう。

毎月10件の効果は企業によって様々かと思いますが、仮にその中の成約率が30%だったとして、1件当たりの売上高が100万円だったら・・・。毎月300万円年間3,600万円の新規顧客売上高増、これって小さいですか?

成約率が50%で1件当たりの平均売上が10万円だとしたら、毎月50万円、年間600万円、これでも小さくない企業だって少なくないはずです。

成約率は業種によって様々、また、成約した後の売上高も業種や商品、サービスによって様々ですが、黙って待っていても新しい顧客からのは発注は期待できないという会社はネット活用によってかなりの数字のカバーが出来ることは間違いないでしょう。

毎月10件以上の問合せ、資料請求、見積依頼が来るホームページにしておきましょう。

そのためのポイントは以下の通り

1.誰に何を提供する会社のホームページなのか? 
  (1)その「誰」、は、どこに住んでいるどういう人達なのか?
  (2)その「何」、は、どういうものなのか?
  (3)その「何」をどうして販売、提供したいのか?

   ・・・・・・・・・・・・・・上記がまずキーワードとなってしっかり盛り込まれているのか?

2.掲載されている情報がタイムリーで新鮮なのか?
  (1)季節感のある情報なのか?
  (2)世相、時流にあった情報なのか?

3.他社、他の団体のホームページからリンクされているか
  (1)無料で紹介してくれる公共性jの高い団体
  (2)業界のポータルサイト
  (3)関係取引先

各項目の具体的で詳細な説明は改めてして行きましょう。

いずれにしても、ホームページを活用すること、生き残りを賭けた大事な取組みです。

先送りせず、今すぐ実行していきたいことです。

|

« ターゲット設定のピンポイント化 | トップページ | 「人と会うこと」・・・これは仕入れですね? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生き残りを賭けたネット活用:

« ターゲット設定のピンポイント化 | トップページ | 「人と会うこと」・・・これは仕入れですね? »