« ネットショップに欠かせないもの | トップページ | 地域ブランドの要件 »

2011年4月 8日 (金)

豊橋の千代娘は全国各地からお客様が集まる割烹だった

一昨日から昨日にかけて愛知県の豊橋に出張に行って来ました。

いつもは日帰りなんですが、昨日はわけあって、宿泊。

そこで、ツイッターで知り合い、気になっていた千代娘さんに行ってまいりました。

ツイ-トの雰囲気や、アイコンの写真で興味を持ったことがきっかけで、再度、検索をさせていただいたところ、食べログの口コミも上々・・・これは是非、と言うことでとても楽しみにしておりました。

あまり大きくはないお店の玄関ですが、しっとりとした趣です。

Chiyomusume1

そして、カウンターの隅に座られていただき、まずは、サッポロ黒ラベル。ありがたいことに大ビンです。

Beer

食べてみたかった一番はタコの煮込み、そして目の前にあったワカサギの南蛮漬け、それから筑前煮やきんぴらごぼう、若竹の煮物・・・このあたりになると日本酒が合います。

Nihonshu

日本酒は本醸造「千代娘」・・・・常温でいただき、とても美味しかったです。

カウンターのお隣に座っていらしたご夫婦もどこか遠くから来られたようで地元の方ではありませんでした。(翌朝、ホテルでお見かけしました)

どうやら、全国各地からこのお店の評判を聞きつけてお客様が集まって来るようです。

それというのも、全国の居酒屋を歩き回って本を書かれている太田和彦さんと言う方の著作「ニッポン居酒屋紀行」と言う本に掲載されているそうで、これを読んだ方々が千代娘さんを目的に豊橋に来るのだそうです。

本の掲載って大きな集客効果があるのですね?しかも、権威ある専門家の推薦と言うのは大きいですね?

それから、ツイッターと言うのも大きな武器になります。

ご主人や女将さん、そして娘さんもしっとりと落ち着いた雰囲気で、会話が楽しく、一人でもくつろげます。

次回も泊まりの時は是非、お伺いしたい名店です。

|

« ネットショップに欠かせないもの | トップページ | 地域ブランドの要件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊橋の千代娘は全国各地からお客様が集まる割烹だった:

« ネットショップに欠かせないもの | トップページ | 地域ブランドの要件 »