« 目標と毎日のルーティンを決める | トップページ | 豊橋の千代娘は全国各地からお客様が集まる割烹だった »

2011年4月 6日 (水)

ネットショップに欠かせないもの

ネットショップの繁盛の秘訣経営者の顔と名前、そしてなぜ、このショップを経営しているかといった「こだわり」などの公表があげられます。

対面で顔と顔を合わせて、声を聞きながら商品を選ぶ実店舗販売と、全くそういう機会がなく商品購入をするネットショプでは、店主の人柄や商品ラインナップに関するこだわりなどが伝わりにくい点が大きな相違点となっています。

対面で接客され、商品をあれこれ勧められるのも面倒なこともありますが、人のぬくもりやサービス精神は感じられます。

ネットショップでもサービス精神を持って、出来る限り店主の人柄を表現したいものです。

そのためには、特定商取引法の表記とか、送料・配送についてなどのページをしっかり作るとともに、経営理念のページとか、店主のご挨拶のページなどもしっかりと用意して、出来れば顔写真付きで解りやすく表示してあげるべきです。

そこには「逃げも隠れもしない」「自信を持ってこの商品を販売する」と言った姿勢が明示されますし、それによりお客様側に安心感を持ってもらえます。

同業他社との差別化を明確にしなくてはなりませんが、店主の人柄と言うのは大きな他社差別化になるはずです。

|

« 目標と毎日のルーティンを決める | トップページ | 豊橋の千代娘は全国各地からお客様が集まる割烹だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットショップに欠かせないもの:

« 目標と毎日のルーティンを決める | トップページ | 豊橋の千代娘は全国各地からお客様が集まる割烹だった »