« お客様の展覧会に | トップページ | 藤沢で介護福祉のお仕事は・・・ »

2011年6月16日 (木)

婦人服の販売 3.お客様がいらしたら・・・

販売シリーズ「婦人服の販売」、いよいよ接客のお話になります。

まず、お店にいらしたお客様に「いらっしゃいませ」は明るく、丁寧に、そしてお客様にしっかりと向かってご挨拶します。

しかし、あまり早々にお客様にしつこく声をかけないこと。まずは自由にお店を見てもらうこと。

しっかり、1点1点、商品を見てもらうこと。

出来れば声を掛けてもらえるのをじっくり待つ事。

視線と微笑みで、お客様を無視していないことをアピールしていればいいのであって、しつこい人、馴れ馴れしい人は嫌われます。

次に、何かの質問が来たら、端的に答えると同時に何か質問をさせてもらうのです。

「いいお色ですよね?こういったお色はお好きですか?」とか、「今日お召しになったいらっしゃるお洋服も素敵ですね?」などと相手が乗りやすい言葉を投げかける。

「はい」とか「ありがとう」と言った返答が返ってくれば上等です。そういった言葉が返って来る会話をまず考えるのです。

そして、次の会話を引き出す。

この時、必要以上にしゃべらないこと。
・・・・お客様にしゃべってもらうのです

そして、その会話の中で、何が必要なのか?何の目的で必要なのか?だんだんと把握して行く。・・・決して単刀直入にお聞きするのがいいかと言うとそうでもありません。

話したくてしょうがない婦人客にお話をしやすい雰囲気を作ること。これがポイントです。

これってやさしくはありませんね?

でも、予めあれこれいろいろと考えておくことで出来る技なのです。

お客様が来てからその場で考えてもなかなか出来る訳ではありません。

|

« お客様の展覧会に | トップページ | 藤沢で介護福祉のお仕事は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 婦人服の販売 3.お客様がいらしたら・・・:

« お客様の展覧会に | トップページ | 藤沢で介護福祉のお仕事は・・・ »