« ネットからの新規顧客 | トップページ | 秋分の日、彼岸花と輪廻転生 »

2011年9月22日 (木)

有機農法って・・・・

さて、今日は有機農法で作った野菜を加工してネット通販に挑戦したいとお考えの農家さんのネットショップ作りの準備を進めます。

そもそも有機農法ってどういうことだか解りますか?

オーガニックと言う言葉、最近よく耳にしますよね?

一般的には無農薬、化学肥料を使わない農法と言うことですが、どうしてそうするのでしょうか?

農薬や化学肥料を使うことがいけないのでしょうか?

そのメリットは何なのでしょう?

wikipediaでしらべてみました。

20世紀の農業は、人工的に化学合成された化学肥料や化学合成農薬などの化学物質を様々な目的で使用することを進めることでその生産力を大きく拡大させた。

日本では、1961年に農業基本法が制定され、化学肥料や化学合成農薬の使用、作業の機械化が大きく推進されてきた。これらは農地の単位面積あたりの収穫量の増大に効果があるので、小面積の農地しか持たない多くの農家にとって朗報であり、積極的に導入が進められた。

しかし、長年に渡って化学肥料ばかりを使い続けると、自然の生態系に悪影響があることが次第に解ってくる。土の中の菌類、バクテリアなどの生物は、本来は落ち葉や腐った木、糞尿などの有機物を分解して生きている。しかし、これらの有機肥料の代わりに無機質の化学肥料ばかりを大量に使用し続けると、有機物が不足しはじめ、土の中の微生物が減少する。やがて、無機質を好む嫌気性生物の細菌が土中に繁殖しやすくなる[要出典]。その結果、植物は病気にかかりやすくなり、対処のために農薬の使用を増やさざるをえなくなり、ますます環境を悪化させる…という悪循環に陥ってしまうようになった。

そのような反省から、提唱されたのが有機農業である。化学物質の利用をやめ、旧来のような天然の有機物や天然由来の無機物による肥料などを用いるなど、自然のしくみに逆らわない農業を目指している。農作物の収穫量よりも、土の中までをも含む生態系全体の健全性に重きを置いている。

手間もかかって収穫量も少ない有機栽培野菜・・・当然、単価も上がらざるを得ない。

しかし、それを補う味や満足感、価値感が与えられるのか?ここがポイントです。

それを表現することが私どもの仕事です。

|

« ネットからの新規顧客 | トップページ | 秋分の日、彼岸花と輪廻転生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有機農法って・・・・:

« ネットからの新規顧客 | トップページ | 秋分の日、彼岸花と輪廻転生 »