« 幹事の仕事の面白さは企画と実施の両面あり | トップページ | ゲートブリッジに沈む夕日を見ながら »

2012年2月18日 (土)

天皇陛下の手術

心臓に狭窄がありバイパス手術をされるという天皇陛下。

多くの日本国民が心配し、陛下の回復を祈っています。

天皇陛下・・・これほど人気のある方というのも他にはいないでしょう。

日本国憲法でいう「日本国の象徴」という立場、私は子供のころには何だか分かりませんでしたが、今は何となく分かる気がします。

神武天皇以来、日本の民族の元首であったり、武家や軍隊に蔑にされてある意味では利用されたり・・・いろんな歴史的な背景を持っている天皇家、それでも日本人には心の拠り所として大切なものなのでしょう。

今上天皇は東日本大震災の際も、本当に心を痛めていらっしゃるご様子で、現地に赴き、被災された方をお見舞いされ、そのお姿は多くの日本人の心に熱いものを感じさせました。

その天皇の心臓の手術が今日行われますが、危険度が少ない手術とはいえ、多少の心配はしますし、無事にお元気に回復されることをお祈りしたいと思います。

|

« 幹事の仕事の面白さは企画と実施の両面あり | トップページ | ゲートブリッジに沈む夕日を見ながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下の手術:

« 幹事の仕事の面白さは企画と実施の両面あり | トップページ | ゲートブリッジに沈む夕日を見ながら »