« 散り際の美しさ、はかなさ | トップページ | 2.どんな反応を求めるか? »

2012年4月 6日 (金)

1.閲覧対象者を考える

新年度、当社もホームページのリニューアルを行いたいと思っております。

最近の業務とホームページの内容が異なってしまっていることがその理由です。

閲覧される方々が一番見たい、「業務の実績」・・・最近作らせて頂いたホームページの事例が掲載されていないことが気になっています。

そこで数日前からどんなリニューアルをしようか?考えております。

そして、そのリニューアルのステップをここでこうして公開することは皆さんにとって「ちょっといいこと」なのだと気がつきました。

今日から数日間、それをお届けしましょう。

第一回の今日は、「閲覧対象者を考える」です。

弊社のホームページは、全国の中小企業経営者の方々に閲覧対象となっていただき、ホームページ制作の際の検討材料としていただくことが目的です。

したがって、年齢は40歳~50歳代くらいでしょう?

どちらかと言うと男性が多いですね?

閲覧する機会は日中の業務時間中が多いのではないでしょうか?

もちろん、20歳代の若い女性起業家がホームページ制作の検討のために見ることもあるでしょうし、60歳代の女性がネットショップ立ち上げを検討してご覧になることもあるでしょう。

しかしながら、メインとなるかたまりはきっと40歳代、50歳代の男性です。

そして、ホームページのリニューアルを考えてるいるということは、その方の会社のホームページがもう一つデザイン的にか、SEO対策的にか?問題があり、その問題をどう解決しようかアドバイスを求めているということでしょう。

その答えが、弊社のホームページに無くてはいけません。

いつも皆さんにお伝えしていることを自分でできるか?できないか?

評論家ではなく実践家になり得るか?

ディレクターとしての腕の見せ所です。

|

« 散り際の美しさ、はかなさ | トップページ | 2.どんな反応を求めるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1.閲覧対象者を考える:

« 散り際の美しさ、はかなさ | トップページ | 2.どんな反応を求めるか? »