« 年末と年始、親孝行とEnjoymyself | トップページ | 箱根駅伝は大接戦、青山学院は「期待倒れ」?or「期待外れ」? »

2013年1月 3日 (木)

苦手なことは伸びしろがあると考える

もう3日ですね?

昨日は元旦の新聞をじっくりと読みました。

各界で活躍している人たちの取材記事を見ていると素晴らしい言葉が心に残ります。

私には朝日新聞の長友佑都の話がよかったです。

「苦手なことは伸びしろがあることだと考える」のだそうです。

私もこの年になるともはや苦手なことには手を出さない傾向が強まりつつありますが、それではいけないのでしょう。

長友選手の言葉を借りて、会社と私自身の目標や方針を考えていきたいと思います。
今日から(予定が変わって今日からになりました・・・)伊豆熱川に義母を連れて出かけます。

伊豆熱川でその年の会社の方針や自分自身の目標を考えて明文化することは毎年の慣わしでとても大事なことになっています。

基本的には、こんな感じかな?と思っております。もちろん、この中に長友選手のいう苦手を克服し、伸びしろとしようとする発想が入っております。

総合テーマは「10周年に向けて、原点の見直し」

1.既存顧客、今までお付き合いのある方との関係を見直し、今一度、しっかりとお付き合いいただける関係をより密に再構築する。

2.新しいこと、今まで手を出していない技術領域にチャレンジしてみる。
~新しいCMSの仕組みを開発してもらい、独自性、他者差別化を図りたい。

3.自主開講、企画開講を問わず、セミナー・講演の実施機会の増大努力をする。
~私自身が努力してパフォーマンスの高い商品を持っていることは重要であり、減少傾向にあるセミナーや講演を増やすべく活動をしていきたいと思います。

4.収益性の向上、コストの見直し
~あらゆるコストを見直して収益性を上げて体力のある会社にしていきたいと思います。

それではこれをたたき台に伊豆熱川で完成したいと思います。

その前に腹筋を少々鍛えて、血圧を図ってから行かなくてはなりません。
※89~132まあまあです。

|

« 年末と年始、親孝行とEnjoymyself | トップページ | 箱根駅伝は大接戦、青山学院は「期待倒れ」?or「期待外れ」? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦手なことは伸びしろがあると考える:

« 年末と年始、親孝行とEnjoymyself | トップページ | 箱根駅伝は大接戦、青山学院は「期待倒れ」?or「期待外れ」? »