« 鎌倉時代の新仏教を研究 | トップページ | 消費税増税対策具体的なアイディア »

2013年10月23日 (水)

消費税転嫁対策セミナーに出講します

このところ毎週のように週末ごとに台風が来て雨が降ります。
土曜日か日曜日にマラソンの練習で海岸を走るようにしていたのですが、ここ2週間は走っていません。

再来週は湘南国際マラソン・・・ぶっつけ本番のフルマラソン初挑戦になるのですが、無理せず完走を目指さずに力を抜いて頑張りたいと思います。

さて、今日は藤沢商工会議所の消費税増税転嫁対策のセミナーで出講します。

消費税の増税は今の日本の財政状況や将来の社会福祉のための備え、または国際的な世論から言っても仕方がない現状なのでしょう。

まあ、そのことを議論しても仕方がありません。
すでに来年の4月に8%そして再来年に10%と税率を上げていくことになるのでしょう。

消費税が上がると多少なりとも景気は冷え込みます。
安部首相はその対策も立てているようですが、駆け込みとその後の落ち込みは今まで2回ほど経験しています。

特に民間の需要は顕著にそれが現れて復調するのに時間がかかります。

多くのビジネス、特に中小零細のビジネスはその煽りを受けて、売上高の低迷に苦しむでしょう。

そんな時、私も含めたホームページ制作屋は「ホームページからの新規顧客を開拓して、売上高をあげましょう」・・・・と誘います。

しかし、インターネットだけを信じて、ホームページ制作屋がうまいことを言ってきても事業そのものが多くの人の共感や感動を与えるものでなければビジネスはうまくいきません。

そのことを理解せず、ホームページ制作屋のデザインや画像表示のスキルなどに期待してもお客様となるべき人から支持を得られないということを語りたいと思います。

そして多くの人から支持を得られる事業の方向性を認識するための手法にファシリテ-ションを活用してもいただくのです。

自分以外の人の意見に耳を澄まし、客観的な評価が得られる事業の進め方、新規事業を進めることが肝要であり、それをしないでホームページだけ、上辺だけを整えても効果は得られないことを語りたいと思うのであります。

|

« 鎌倉時代の新仏教を研究 | トップページ | 消費税増税対策具体的なアイディア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費税転嫁対策セミナーに出講します:

« 鎌倉時代の新仏教を研究 | トップページ | 消費税増税対策具体的なアイディア »