« 2015年12月 | トップページ

2019年12月

2019年12月27日 (金)

今年も仕事納めはタイ料理です

815588 今日は午後から大掃除をして、そして夕方から本格的なタイ料理、藤沢のゲンキョウワンさんにお邪魔します。

このお店、弊社が創業する前からのお付き合いで、今でも親しくさせていただいております。

うちの会社と目と鼻の距離で、時々いい匂いが換気扇から流れてくることもあります。

 

タイからコックさんを連れて来て本場の味を提供されているのです。

とにかく美味しい、見た目も美しい料理が比較的スピーディに並びます。

 

うちの家族は辛い物が大好きで、いつもゲンキョウワンの激辛料理ばかりを選びます。

私は辛い物は駄目ではありませんが、うちの家族ほどではなく、翌朝、ちょっとおなかが痛くなる激辛は気を付けながらいただいております。

 

今日はうちの会社のスタッフが一緒なので辛くないものも頼んで食べることになると思います。ちょっと安心です。640x640_rect_117538336

 

藤沢のゲンキョウワン、行ったことがない方は一度試してみる価値があると思います。

藤沢駅南口から歩いて3分くらいです。

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

会社大掃除前日

明日は会社の大掃除をして仕事納め・・・。

その前に、私の業務用デスクの周りに重ねられた紙ごみ、資料などの整理と廃棄をしなくてはなりません。

 

その中にはナーバスになるべき資料も少なくなく、しっかりとシュレッダーなり溶解処理をして廃棄しなくてはならないものもあります。

やや面倒くさいのですが、大事なことです。

 

昨日は何件かに連絡して、処理をしてもらう業者を選ぼうとしましたがそれなりのお値段もします。軽トラックで来て、さらに細かく分別して・・・となるとかなりの金額になります。
その過程で表に出てはならない情報が流出する可能性もありますし・・・

慎重に考えて、自分自身でもう一度、廃棄資料を細かく仕分けして処理することにしました。

Draft_scale_at_the_ship_bow_pic00110 

昔、お世話になった上司がこんなことを言っていました。

「日本海軍は、年に一度、大掃除をして不要なものを捨てるんだが、それによって喫水線が10㎝下がるのだ。」と・・・
乗組員が持ち込む航海に不要なものが1年たまると喫水線を10㎝上げるということです。

本当かどうかわかりませんが、私の会社も喫水線を下げて来る新年を迎えたいと思います。
また、6日間ありますから・・・。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

12月25日はお正月かクリスマスか?

今日は確かクリスマスのはず。

でも昔からだいたい24日のイブでクリスマスが終了した感じになります。

 

今朝の新聞折込チラシもスーパー各社の年末総菜やらお節の中身の写真がズラリ・・・。

 

流通業界は気分は正月ですね?

 

そういえば、鎌倉の鳩サブレーで有名な豊島屋さんが年賀ギフトに素敵な特別商品のチラシを折り込みました。

きっとネット注文も出来るだろうと探してみたのですが・・・こちらは掲載なし。

 

豊島屋さん、頑張ってもらいたいですね?

https://www.hato.co.jp/toshimaya/ishiran2.html

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

2019年は2003年からの16年を振り返ってしまいます

今年を振り返ろうとするとき、スマホの中に保存されていた写真を整理していても・・・

どうしてもこうなってしまう。

 

公開することではないかも知れないけど・・・

言ってみれば私の人生の中の4分の1以上、家族として過ごしてきたから。

 

2003100601
2003100603
2003100301
2003100302

 

これがあの子との出会い。初めてうちにやってきた日。

 

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

初めてのラフティング、初めての登山

【2019年を振り返って・・・】

 

6月末に15歳9か月まで頑張った次女、ミニチュアダックスの湘を失って、失意の7月を過ごしていたら、娘夫婦が、我々を気遣ってくれて登山に誘ってくれませした。

何と谷川岳です。初心者が臨むコースではないのでは?
という、なかなか激しい登り降りでした。

でも、とても気持ち良かった。58歳にして初体験。いいものですね?
Img_7533  Img_7564  

結構、気晴らしになりました。

 

また、どうせなら・・・ということで泊り掛けにしてラフティングも体験してみました。Img_9265こちらは彼ら夫妻も我々夫婦も4人とも初体験。これもなかなか楽しかった。また、水が冷たくて気持ちよかったです。

 

Img_9271

| | コメント (0)

さようならオデッセイ

2019年を振り返って・・・愛する娘、ミニチュアダックス15歳9か月が亡くなったことに引き続き、あとを追うようにして愛車オデッセイもこの世を去って行きました。

 

18万キロも走って、いろんな部品にガタが来て、ことしの6月の車検もオイル漏れがあって、30万円もかけて、それでも車検を通して・・・この車を廃車にしたら、愛犬がことキレてしまうのではないかと、そんなことを思って・・・。

Img_6578

なぜ、そう思うかといえば、16年前に会社設立した年に買ったオデッセイなのです。そして、その年に愛犬ショウも我が家に来て・・。

子犬だったころからこのオデッセイに乗っていたショウは車酔いをすることもなく、電動のウインドーも自由に自分の足で(手で)開けて、楽しんでいました。

運転席と助手席の間にあの子の定位置がありました。

8月10日だったと思います。

東北自動車道を走っていたら急にエンジンが吹き上がらなくなって、一番右の追い越し車線から2車線をまたいで、何とか路肩に停めることが出来ました。 Img_7526

これが本線上に停まってしまっていたら大惨事、私もこの世にいなかったかも知れません。

オデッセイが身をもって私を助けてくれたのか?
ショウの魂がそうしてくれたのか?

 

こうして、この夏、16年前の会社の設立とともに走ってくれたオデッセイも私の前から去って行ったのです。

Img_0397

 

さて、16年前にはこんなものはなかった、ライン公式アカウント、これ、なかなか使えそうです。

友達登録してみてください。

1575621255

 

| | コメント (0)

余命宣告と迎えた命日

20130828_164807

4年のブランクを経て再開したブログ・・・。

どうしても、今年を振り返ってこのことが心を占めていることは間違いないようです。


昨年のクリスマスの直後に、彼女は腎臓をやられていて余命は半年と宣告されました。

その時点で15歳と3か月、だいぶ、弱ってきたとは思っていましたが、20歳まで頑張れると思っていたのです。


獣医が驚くような奇跡を起こそうを必死の抵抗を試みました。

獣医の言う通り点滴も、我々自身でしてあげて、半年を1年に、出来れば回復をさせてやりたいと思って・・・

 

しかしながら、6月の最終週、急激に容態を悪化させた彼女は6月28日(金)、旅立っていきました。

最後の1週間はできるだけ彼女に寄り添って過ごしました。出来るだけうちにいて、抱きしめてあげて・・16歳を3か月ほど残して・・・本人はさぞ逝きたくなかったのだろうと思います。

Img_6372_20191207063401 Img_9712

ことキレた夕方、ドライアイスを探しに出かけ、近所の氷屋さんに無理を言って閉店した店を開けてもらい、ドライアイスを購入し、日曜日まで一緒に過ごしました。日曜日に娘夫妻が帰って来て荼毘に付したのです。

 

いつまでもいつまでもこのことを語っていても彼女は帰ってこないし、これをペットロスと呼んで、対処方法を教えてくれるひともいます。

それで構いません、ロスの状態でいた方がきっといいのです。


女々しいと思わるかも知れませんが、構いません。

あの子が我々家族に与えてくれたものはあまりに大きく、素晴らしいものでした。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。いつまでもあの子のことを思っていたいのです。ロスの状態で構わないのです。


ところで、LINEの公式アカウントを作ってみました。 1575621255

このLINE公式アカウントから、当社発のお得な情報や当社のお客様からの耳寄りな情報などを不定期に発信して行くことにいたしました。

きっと、お役に立つことでしょう。

「友達」登録を是非、お願いいたします。

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

LINE公式アカウントを開設!

 

株式会社湘南セールスプロモーションからの期間限定のクーポンや、湘南セールスプロモーションのお客様のお得な情報などを不定期にお送りして行く予定です。S

| | コメント (0)

この冬、長い冬眠から覚めようとしております

Img_0325

エントリーしていた第14回湘南国際マラソンですが、昨年の35km地点でのリタイア。
そしてバスでの回収という不名誉からのリベンジを誓ったいたのですが・・・今回は諸般の事情で欠場という結論で家族の応援に回りました。

来年こそは、気持ちもカラダも立て直し、完走できるように準備して参りたいと心に決めました。

 

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ