2008年10月 2日 (木)

誰もが知っている地名、誰も知らない地名

おはようございます。

湘南セールスプロモーション、ウェブディレクターの桜井淳です。

ここ数日、ネットショップに向いているもの、向いていないものを考えております。

やはり、地域限定、産地直送というのはネットショップには大変向いているかと思います。現地に行かなければ買えないけれど現地に行くには時間もお金もかかり過ぎる、そういったものはネットで買えれば便利です。

こういった地方の名産品の場合、その地方の名称、地名を誰もが知っているのか、知らないのかはアクセス数を左右する大きな決め手になるでしょう。

ネットショップを運営する立場からしてみれば、あまり知名度が高くない地名よりも、誰もが知っているような知名度の高い地名を利用したいところです。

私の会社のある「湘南」は知名度が高いですね?藤沢市という市にあるのですが、「藤沢市」を知らない人でも「湘南」なら解るという人が多いようです。

このように、「多くの人が知っている」有名な地名と言うのはひとつの経営資源となります。これを上手に活用して、ネットショップのアクセスアップにつなげたいものです。

ネットショップのショップ名、ネットショップサイトのページタイトルのつけ方に関わってくる問題です。

お分かりいただけるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

本、CD、DVDのネットショップ

さあ、今日から10月です。今年もあと3ヶ月でおしまい。年末のこと、来年のことを考えなくてはなりません。

さて、申し遅れましたが、全国各地を廻って、ホームページ活用、ネットショップについてお話をしておりますセミナー講師、湘南セールスプロモーションの桜井淳です。

ここ数日「ネットショップに向いているもの、向いていないもの」というテーマでセミナーの中で受講者さんの答えについて、改めて考えております。

今日は、割と良く出てくる答え、「本、CD、DVD」と言う答えについて考えてみましょう。

確かに本とか、CD,DVDはネットで調べてネットで買うのに実に便利です。

本の内容が大体記述してあって、中古なら本屋さんで買うより安く買える、しかも状態が悪くない、確かに本屋さんに行って本を探すよりネット上で探した方が簡単です。

地方に行くと本屋の品揃えも充実していなくて、新刊の本などはなかなか手に入らない状態、これだったらネットショップで買った方がよっぽど早くて便利です。

CDやDVDも同様でしょう。

これらはアマゾンが大充実、アマゾンなら大抵の要望に応えてくれます。

しかもアマゾンは、「これを買った人はこれも買っています。」というメッセージまで出してくれる・・・・「そうか、これも買ってみるか?」と言う気にさせてくれます。

ところで、これから新たにネットショップで本やCD、DVDを「売る」としたら、それは向いているのでしょうか?

これだけアマゾンが充実していたり、セブン&アイもしっかりあるし、その他の大手ブックストアもある中で新規参入が果たせるか?

ちょっと難しいでしょうね。向いているからこそ、各社が競って販売しているアイテム、中小零細の企業が新規参入するにはあまりにも厳しい世界です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月30日 (火)

生物・・・・いきもの

全国各地を廻って、ホームページ活用、ネットショップについてお話をしておりますセミナー講師、湘南セールスプロモーションの桜井淳です。

各地のセミナーは、2時間のものだったり、二日間で12時間のものだったり、様々ですが、大体いつも「ネットショップに向いているもの、向いていないもの」というテーマで考えていただく時間を持つようにしています。

昨日は、「向いているもの」の中に、「生物」とお書きになる受講者さんがいらっしゃって、「これは“なまもの”って読みます。」というやり取りがあったことから、生ものは本当に向いていないか、私の考えをお伝えしました。

さて、これを“いきもの”と読んだらいかがでしょうか?
ネットショップをうまく活用して販売促進して行くことは出来ないでしょうか?

私の考えでは答えはNOです。

“いきもの”は愛玩用のペットであると考えるなら、ペットとは相性が大切です。

ペットは、実際に見て、その動きやしぐさ、目つきや声、さわり心地や匂いなど、お互いに確認しあいながら購入するべきものではないでしょうか?ペットと言えども相手の命を尊重し、彼(彼女)の一生を請け負えるかどうか?を決めるのですからネットショップでは買いにくいはずです。

そう考えると、ネットショップで犬や猫、ウサギやモルモットなどを愛玩用のペットとして販売するのはあまりお勧めしません。

多分、大ブレークはしないのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

生物・・・・なまもの?いきもの?

全国各地を廻って、ホームページ活用、ネットショップについてお話をしておりますセミナー講師、湘南セールスプロモーションの桜井淳です。

各地のセミナーは、2時間のものだったり、二日間で12時間のものだったり、様々ですが、大体いつも「ネットショップに向いているもの、向いていないもの」というテーマで考えていただく時間を持つようにしています。

先日、「向いているもの」の中に、「生物」とお書きになる受講者さんがいらっしゃいました。「これは“なまもの”って読みますか?“いきもの”って読みますか?」というやり取りがありました。

その受講者さんの答えは「なまもの」だったのですが、生ものって本当にネットショップに向いていないでしょうか?

私の考えでは、獲れたての野菜や獲れたての鮮魚などはネットショップに向いているような気がします。例えば、北海道のカニ・・・・毛がにやタラバガニなど、北海道ならではの味覚はネットショップで買物してしまいますね?

なぜ?

わざわざ行って買ってこれないもの、本当は現地に行って買えば安くていいものが買えるもの・・・そういったモノってネットショップにむいていますね?

言ってみれば「地方名産」「産地直送」って言うのはネットショップをうまく活用して販売促進していけるのではないでしょうか?

送料を払ってでも、現地に行って買ってくるよりずっとお金がかからない、その利便性がポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)