2011年4月13日 (水)

アフェリエイトとドロップシッピング

今日はいよいよ足利商工会議所で「ネットショップ開業講座」の開講です。

初日ですので「小売業の基本」のお話もします。

また、ネットショップの販売形態の区分について、買取と委託のお話もするのですが、インターネットビジネスにおいてはアフェリエイトとドロップシッピングについても説明する必要があるでしょう。

●アフィリエイトとは「提携する」または「加盟する」と言う意味です。

簡単に言うとあなたが企業と提携することによって、その企業の商品を売るとかその広告がクリックされることで報酬が得られる!ということです。

梱包するとか、「売れたよ!」とか企業に報告する必要はありません。広告を貼るだけです。

広告を貼る場所は自分自身のホームページ、ブログ、メールマガジンなどです。ホームページ、ブログ、メールマガジンのどれかを持つことですぐに始める事ができます。

また、アフィリエイトは無料でできます。ですから始める事は簡単です。

始めるのが簡単なわけだから、たくさんの人が参加する。それだけ競争は激しく、成功までの道のりは長く厳しいものがあります。

●ドロップシッピングとはネットショップで注文が入った時点で、それをメーカーや卸売り業者(以下、ベンダー)から直送させるネットショップの運営方法の一形態です。

商品提供業者の卸値に自由に上乗せをして販売し、差額分がネットショップの利益となります。ネットショップは注文を受け次第、注文情報をベンダーに転送することで商品の発送を代行してもらうことができます。在庫を持たずに、商品に触ることなくネットショップを開くことができるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

コピーと写真で差をつける

3~4日、お休みをしておりましたが、今日は「ネットショップ開業講座」のお話を続けましょう。

実はこの講座、その道のプロ3人と組んで実施します。

一人はコピーライター、もう一人がカメラマンです。

全国の商工会議所で開催する予定ですが、まずは栃木県の足利から開催します。

この講座は3回シリーズ、私を含めてプロがそのノウハウを惜しみなく披露するところが大きな魅力となるでしょう。

素人さんがそのままプロの技術を盗むことは簡単ではありません。

しかし、素人さんがプロを使う時、プロと同じ言語で語り合えることがプロを上手に使う場合の決め手となります。

プロのように文章が書けなくても、写真が撮れなくても、それを要請する知識を持っていることが大事なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

ネットショップに欠かせないもの

ネットショップの繁盛の秘訣経営者の顔と名前、そしてなぜ、このショップを経営しているかといった「こだわり」などの公表があげられます。

対面で顔と顔を合わせて、声を聞きながら商品を選ぶ実店舗販売と、全くそういう機会がなく商品購入をするネットショプでは、店主の人柄や商品ラインナップに関するこだわりなどが伝わりにくい点が大きな相違点となっています。

対面で接客され、商品をあれこれ勧められるのも面倒なこともありますが、人のぬくもりやサービス精神は感じられます。

ネットショップでもサービス精神を持って、出来る限り店主の人柄を表現したいものです。

そのためには、特定商取引法の表記とか、送料・配送についてなどのページをしっかり作るとともに、経営理念のページとか、店主のご挨拶のページなどもしっかりと用意して、出来れば顔写真付きで解りやすく表示してあげるべきです。

そこには「逃げも隠れもしない」「自信を持ってこの商品を販売する」と言った姿勢が明示されますし、それによりお客様側に安心感を持ってもらえます。

同業他社との差別化を明確にしなくてはなりませんが、店主の人柄と言うのは大きな他社差別化になるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

目標と毎日のルーティンを決める

ネットショップを開業される方は、なぜ、開業するのか?
目的を明確に意識するべきだと思います。

●趣味の延長線上で、楽しくお小遣い稼ぎ・・・それもいいでしょう。

●週末起業で不足しがちな収入の補てんを・・・・それもありですね?

●今の事業に限界があり、起死回生を求めて新しい事業に臨まなくてはならない・・・・生きるか死ぬかですね?

さて、目的がははっきりしたら、そのネットショップがいくら稼いでくれるかを目標化して意識しなくてはなりません。

月商で10万円でいいですか?月商100万円は売りたいですか?それとも1,000万円を平均月商として、組織的に運営するのでしょうか?

★当然、ネットショップかける時間と売上高は正比例とは言わないまでも、ある程度比例します。

そこで、1日の生活の中で、あるいは1週間の生活の中で、ネットショップ運営に掛ける時間を予め決めておくことが重要です。

ネットショップはお店です。実店舗と同様に、開店準備、商品整理、それなりに時間を掛けてメンテナンスをして行かなくてはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

プライス戦略によるセールスプロモーション

当然のことですが、小売業において、より多くの商品を販売する工夫が必要です。

多くの商品を売ることは、より多くの売上高をあげ、安定的なショップ運営に繋がります。

そのための工夫として、商品の販売価格の設定の工夫=プライス戦略があります。割安感を与える価格設定や、多くの商品を買いたくなる心理作戦なと、いろいろとありますが、思いつくままにあげて行きます。

●バンドル割引・・・二点以上買うと一点で買うより一点当たりが安くなる。

●送料サービス・・・一定額以上のお買上げで送料が無料になる。

●期間限定サービス・・・・何月何日まで、通常販売価格よりも安い価格設定

●数量限定サービス・・・・先着何名様まで、通常販売価格よりも安い価格設定

こういった戦略を効果的に計画し、お客様の購買意欲を喚起し、多くの商品を買ってもらうのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

年間月別販売計画

4月になりました。そして最初の週末。

統一地方選挙の県議会議員選挙が告示され、いよいよ選挙カーが走りだし、駅では街頭演説が始まっています。

今回の選挙、おそらく投票率も低く、自民党系が盛り返して、新しさの無い選挙になりそうですね?

そして、今回の東日本大震災の復興のために、各地でそれなりの条例などが決まるのでしょうけれど、個人消費は伸びず、景気は超低迷になってどん底を迎えるのでしょう?

もう、こんな時代ですから、生き残りを掛けたネットショップ開業」くらいしか、既存の企業との取引で生き残る方法はないでしょう?

ところで、実店舗の運営をしたことがない方がネットショプを運営すると、顧客候補の生活感が理解できなくて、一年中同じネットショップの見え方・・・ということを良く見かけます。

スーパーや百貨店を思い浮かべてください。

春には春の装飾・・・たとえば桜の枝とか、チューリップの鉢植えなど。

夏には夏の・・・・すだれ、風鈴、・・・・お中元とかもあります。

そして夏と冬にクリアランス=バーゲンがあって、商品を在庫一掃する。

こういったシーズン毎の販売計画を立てることが常に新鮮で楽しい店舗運営をすることには重要であり、これによって、季節を先取りした商品の購買動機作りになるのです。

これはネットショップでも同じです。

シーズン毎、少し季節は早めに提案する販売計画を立てましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

ネットショップに向いているもの、いないもの

ネットショップ開業講座では、受講者さんにグループごとに集まってもらい、話し合う時間を作ります。

そして、
1.今までネットショップで買ったものを話しあってもらいます。

そのお店、商品はどんなショップにあったか?
楽天?アマゾン?そういったショッピングモールで買う方がいいのでしょうか?楽天やアマゾンのすごさ、そのシステムの素晴らしさを話しあっていただきます。

また
2.独自ドメインショップでお気に入りの店はないでしょうか?

楽天やYahoo!に載っていなくても、独自に販売されている素敵なサイトもあるものです。
独自ドメインショップならではのメリットもあることを理解してもらいます。

次に、
3.ネットショプに向いている商品群、向いていない商品群を考えてもらいます。

その結果、向いているもの、いないものにはぞれぞれどんな共通点があるのか?に気付いてもらいます。

さらに、自分で売っている商品はネットショップに向いているのか?を考えてもらいます。

このグループワークは解りやすく楽しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)