2011年12月15日 (木)

テラスモール湘南の本音と建前

今年の11月にオープンんしたテラスモール湘南・・・たしかに大きくて広くてゆったりと買い物ができて楽しい。

10〜20代の若い子には楽しいブランドも入っていると思います。

また、2階の入口入ってすぐのところにあるCOACHもちょっと驚かせるところではあります。

果たして、この商圏の消費者がCOACHで買物をするでしょうか?

また、COACHを求めに遠くから買物客が来てくれるでしょうか?

私は、あの商業施設に遠くから買物を楽しみにくる人がいつまでも続くとは思えないのです。

そして、それはテラスモール側も百も承知で作っているように思えてならないのです。

例えば、サミットストアは25:00まで営業しています。

東海道線下り最終の通勤客には便利ですよね?

20111211_121702

品揃えは・・・・ほんのちょっとだけ「湘南野菜」などと銘打ってあるコーナーもありますが、鮮魚類はというととても地産地消とは言えません。外国産の海産物の多いこと。

要するに、遠く、湘南以外から来る消費者に湘南産の何かを買って帰ってもらうことは意識していないのです。

そして地元の消費者は、ここで地元産の食材を求める必要はなく、価格と鮮度の納得できるチャンネルを知っています。

20111211_121738

また、地元の精肉店をサミット内で扱っているのではなく、地元の精肉店はサミットの外に競合させています。

これはちょっと辛いでしょうね?同一の商業施設の中で競合させる手法はよく見かけますが、両立させるのは簡単ではないでしょう。

20111211_122223

そして自転車置き場の広いこと、充実していること・・・・そうなんです。ここは自転車の買物客が多い商圏、当然、その人たちがメインターゲットなのです。

20111211_122907

素晴らしい商業施設が出来上がったことは間違いないのですが、近隣の商業施設や個人店舗は大変なダメージでしょう。

それは仕方がないことですが、街としてはその対抗策を講じなくてはなりません。

それは消費人口を増やすことです。

居住者ではなく来街人口を増やすこと・・・・観光客です。

テラスモール湘南が観光目的の消費者を呼ばないのであれば、行政は観光客の誘致を別の手立てで考えなくてはなりません。

来年はそれに気づく年になるでしょう。

私も積極的に関わって、街の観光振興に携わって行きたいと思っております。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

辻堂が開発される事への期待感

テラスモールが出来て、消費者の消費行動が変わることは否めないでしょう。

退店を覚悟する大型店、他の大型店に出店していたテナントもテラスモールに出店して対策を立てたり・・・

20111211_111933

残念ながら対応策無く、食われてしまう個人商店も少なくないでしょう。

マーケットの論理は所詮そういうものです。

大店舗規制法で守られていた時代は過ぎました。

自由競争の中で弱肉強食は仕方がありません。

今後、辻堂駅北口が徳洲会病院や大きなフィットネスクラブまで備えて、多くの流動人口を生み出すことに期待しましょう。
20111211_123054

大きな病院や大きなフィットネスクラブがどれほど市民生活に密接に関われるかは解りませんが、まだまだいろいろな開発が予定されている辻堂C-Xです。

20111211_123312

この街は、よそ者に来てもらう街ではないでしょう。

テラスモールも市外、県外からの消費者の来店を期待してはいないでしょう。

その話は次回のこのシリーズで説明させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

テラスモール湘南グランドオープン

一昨日のプレオープンに引きい続いて昨日もグランドオープンしたテラスモール湘南に行ってきた。

商業コンサルタントとしては、もっとじっくりと見ておく必要があるから・・・・・。

雨が降り寒い日であったが、かなりの人が来たらしい。

周辺の道路も大渋滞だったとか・・・・。

しかしながら私の行った16時過ぎにはすでに渋滞もなくすんなり駐車場へ入れた。

さて、改めて店内を歩いてみると、建物の構造は素晴らしい!!

広く取った通路、吹き抜けのところも気持がいい。

テラスと言うだけあって、各階に設けられたテラスのような広場は外観を非常に魅力的にしている。

でもでもでも・・・・何かが違う、私の見た感じでは非常に違和感がある商業施設である。

その違和感を感じさせるものが予定どうりの狙いであって、それにより多くのお客様の来店と購買があればいいのだが・・・果たしてそうなるのか?

疑問だと言わざるを得ない。

具体的に揚げて行こう。

●商業施設として全体で取り込みたい客層が解らない。
 ・近隣住民なのか?半径10~20km位の消費者なのか?
  さらに遠くから来る人も想定しているのか?

20111111_172919
ル・クルーゼの前のソファで高校生がマックをほおばっている。

20111111_172510

H&Mの前も素通りする高校生、興味はないようだ。

●客層の年齢層も解らない。
 ・セシルマクビーの109世代からCOACHまで、幅広くテナントが並ぶ。

20111111_171932_2 

●COACHが迎える一階フロアー、その奥がサミットストア・・・
 ・ショッピングシーンが想像できない。

★結局、一番の賑わいはマクドナルドで、この日は高校生が嫌に目だった。

20111111_174007

いろいろな客層を広域から幅広く集客して行きたいのだろう。

しかしながら、あまりに節操の無いブランドラインナップとその配置、あるいはその広報戦略には成熟した消費者は反応しないのではないか?

グランドオープンの日の夕方の客層だけではまだまだ判断は出来ないが、何とも言えない「ダサさ」を本来来てもらいたい客層がどう受け止めるか?

私には何とも疑問なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)