2013年12月25日 (水)

年末年始のご挨拶

いよいよ今年も残すところ数日、各会社のホームページにも年末年始の休業を掲載する時期ですね。

この休業の掲出と同時に、企業の経営者として考え方、スタンスを発表する機会として年末年始はチャンスです。

ご挨拶を別のページで作ってリンクをさせてもいいですし、ホームページの中に年賀状を作っておいてそこにフェイスブックなどでリンクさせると言う手もあるでしょう。

結果的にホームページへの閲覧誘導策になります。

工夫っていくらでも出来るものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

店内装飾をホームページでも・・・

クリスマスイブまであと3日となりました。

街中の店舗がクリスマスの装飾に包まれて華やかな季節ですね。

このクリスマス装飾、12月の25日を過ぎてそのままにしておくほどだらしないものはありません。

小売業の店であれば、12月26日からは新春の装飾になります。あるいは歳末特別セールなどの年末装飾の場合もあるでしょう。

「歳の市」などといって正月準備、新年の準備の商品が売れる時期でもあります。

こうした「歳の市」などの装飾を施した場合は、大晦日の閉店後、あるいは元旦の早朝に新年の装飾に変える必要があります。これもタイミングを遅らせると消費者の印象は良くありません。

さて、インターネット、ホームページでもそういう工夫が必要です。

特にネットショッピングなどの場合、クリスマスにはクリスマスらしいネットショップの装飾が必要でしょうし、年末は年末の、正月は正月のそれがある方がいいでしょう。

この細かい工夫がホームページの鮮度を増して、閲覧する人に対して好印象を与えます。

企業の場合は年末のご挨拶、新年のご挨拶をしっかりとタイミングよく掲出することが大事です。企業姿勢として評価されるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

年末年始の休業の表示について

年末が近づいて来ました。

たいていの会社は年末年始の休業を取ります。

今年は12月28日(土)~1月5日(日)という長い休暇の会社が多いようです。9日間ですからかなり長いですね?

しかしながら、スーパーやコンビニの365日営業に慣れてしまった一般消費者の感覚では「大晦日まで営業、新年も二日か三日から営業してくれていないと不便」と言う感覚は否めません。

このあたり、感覚を間違えないで受け取らないと「あそこはやる気ないから・・・」と捉えられてしまいます。

さて、ホームページの年末年始休暇の表示ですが、上記ことは気にたほうがいいだろうと思います。

連絡が取れなくなる年末年始・・・かも知れませんが、あまり堂々と長い休暇を、しかも早々に表記しても効果的かどうかちょっと疑問です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

10周年 | 2011年を振り返って | 2013年を振り返って | 2014年 年頭に当たって | facebookのビジネス活用 | GDP▲12,7%時代の「生き残り」戦術 | おすすめサイト | お取引先御紹介 | お薦めビジネス | これで差がつく!インターネット活用 | サザン33曲連作ドラマSP『波乗りレストラン』 | ソチオリンピック2014 | テラスモール湘南 | ネットショップに向いているもの、向いていないもの | ネットショップ開業講座 | ビジネススキルアップ | ビジネスブログスクール | ブログが本になりました! | ホームページの活用テクニック | ホームページリニューアル | 中小企業のためのSEO対策 | 人材の育成 | 今年を象徴する漢字一字 | 今日のキーワード | 今更聞けないインターネットの活用法 | 商取引を学ぼう | 団塊世代のマーケット | 売上が上がる!インターネット集客法 | 愛され幹事の仕事術 | 新橋ビジネスフォーラム | 日々の雑感 | 最近のニュースより | 最近よく聞くキーワード | 本日の業務 | 湘南セールスプロモーションのこと | 湘南藤沢に「道の駅」的なものを創りたい | 湘南魚醤が面白い | 目的別ホームページ実例 | 経済・政治・国際 | 藤沢ビジネスフォーラム | 販促ヒント | 販売のお仕事 | 起業する前に考えよう | 起業のための基礎知識