2006年9月25日 (月)

鎌倉散策

先週末、母を交えたちょっとした食事会を催しました。
どこに行こうかと考えたのですが、今回は鎌倉を散策して北鎌倉の「鉢の木」さんで食事をして来ました。

鎌倉らしさを感じるために・・・・ということで精進料理をいただいたのですが、意外なほどボリュームがあって美味しくいただけました。また、精進料理というのはもっと質素なものかと思っていたのですが、目でも楽しめる美しい料理で驚きました。

「鉢の木」さんに行く前、ちょっと鎌倉のお寺を散策しようかと考え「海蔵寺」に行って来ました。なぜ、海蔵寺に行ったかというと、「萩」の季節だったからです。インターネットで「萩」「鎌倉」と検索すると「海蔵寺」が検索されます。Kaizouji1

この海蔵寺、大きくないのですが、なんともいえない趣があるお寺で、「萩」や「芙蓉」、「百日紅(さるすべり)」の花が咲いて、結構楽しめます。
数人の観光客もいたのですが、決して人ごみを掻き分け・・・というほどではなく、静かで落ち着いた雰囲気です。Kaizouji1_3

私どもの会社から30分の鎌倉、「鉢の木」さんの食事を含めて約5時間の鎌倉散策でしたが、ちょっとした旅行気分を楽しめ、気分転換には最高の午後となりました。

さて、この「海蔵寺」でカメラを構え、萩を撮影していらした熟年の方々をお見かけしたのですが、きっとたくさんの写真を撮られ、写真集なり独自のホームページなりをお持ちなのでしょう。
こうして集めた季節感あふれる写真やレポートの数々がきっと本やサイトのコンテンツとなってビジネスとしても活かせるのではないでしょうか?
もちろん趣味の方の多いでしょうが、鎌倉に集まる熟年カメラマンの方々の写真発表会や写真集の出版なども、新しいビジネスに繋がるはずです。

元気で知識豊富な熟年の方々の活躍をどう活かしていくのか?特に趣味と実益を兼ねた活動を何かに活かせないか?考えて参りたいと思います。

Header_r1_c1mini_34 湘南セールスプロモーション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

自費出版を勧めたい

このところ、団塊の世代の皆さんの退職後の生き方、過ごし方について考える機会が多くなっています。

最近、自費出版を支援する会社と知り合ってコラボレーションを進めているのですが、永く色々なことを研究してきた人が「自分の生きた証として本を作る」って良いと思いませんか?
本になっていることで、その人の熱い思いが残ります。
後世になってもその人の生き方、考え方、あるいは研究の成果が残り、周囲の人へ大きなプレゼントが残せるというわけです。

出版した本が売れればそれに越したことはないのですが、たとえ売れなくても無意味な挑戦に終わることはないでしょう。

退職され、時間に余裕が出来た団塊の世代の方々には是非ともお勧めしたいライフワークです。

私がコラボレーションすることになった会社のサービスはなかなか素晴らしく、トーハン、ニッパンなどの大手取次店を通して全国の書店に出回り、一定期間の後もインターネット通販で販売してくれます。
また、残った本は全国の学校図書館などに寄贈され、一冊たりとも無駄に捨てられることはありません。

この会社に興味を持たれた方、ご紹介しますので私までご連絡ください。

このブログのプロフィールに私の電話番号やメールアドレスを明記してあります。

Header_r1_c1mini_33

湘南セールスプロモーション:桜井 淳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

団塊の世代のネット古書店

団塊の世代の皆さんが定年退職されて、何をされたいのか?
この問題を考えていくと2007年の新しいビジネスに発展していきそうな気がします。

先日も書きましたが、今までコツコツと集めてきた書籍を販売してみるというのはいい趣味であり実益を伴います。
実店舗を開業するとなるとかなりの元手が必要ですし、リスクも少なくないでしょう。
そこでお勧めするのは、インターネット古書店です。


趣味が嵩じて買い集めた、たくさんの専門書はその筋の専門家にしてみれば宝の山です。買いたい人、探している人が日本全国にたくさんいるはずです。
こういった人たちに自身が蔵書している本をアピールするにはインターネットは最適です。

もし、ご興味がある方がこのブログを読まれたら、是非、ご一報ください。そのノウハウを教えてくれて、さらにお客様の誘導を図ることの出来るポータルサイトの組織をご紹介します。

もう、こういったことを10年以上前からなさっている有限会社紫式部のことです。

こちらの会員になると、本の売上に関らず低料金の会費でネット古書店の運営を教えてくれて、さらにデータベースに会員さんの蔵書データを蓄積してくれて検索システムを提供してくれるのです。実に便利で、インターネット古書店の売上を上げるのには欠かせない存在になっています。こちらをご覧ください

詳しくお知りになりたい方、次回の「古書店開業講座」にご参加ください。私もその時にお話をさせていただきます。

Header_r1_c1mini_32 湘南セールスプロモーション:桜井 淳

| | コメント (0) | トラックバック (0)