2007年12月30日 (日)

ショッピングモールって本当に儲かるの?

楽天、Yahoo!といったショッピングモールの出店は儲かるのか?という質問は簡単に答えられるものではない。

これは商品や運営への関わり方によって全く変わってくるからである。

都心の一等地のテナントビルに店舗スペースを借りて出店するとして、必ず儲かるかと言っても一概に言えないのと同じである。

出店に際して敷金礼金にあたる初期費用がかかるし、毎月の賃料が当然かかってくる。また、売上に応じた歩合賃料がかかって来ることがほとんどだろう。

当然、人通りが多い商店街や都心のショッピングモールほど出店料が高くなるし、毎月の賃料も高い。経済価値が高いからである。自社サイトで販売をする分にはこれがかからなくて済むが人通りを多くするための努力(SEO対策)が必要だ。

このように、ショッピングモールは確かに魅力的な部分はあるが、前述の通り、商品に力があって他社商品に勝てることが大前提で必要だし、運営に当たっては、モールの任せていけばすべてOKというわけではないということを覚悟しておかなければならない。

ショッピングモールに出店してもそうでなくても、ネット通販で稼ごうと思えば、実店舗同様の接客が求められる。専任の担当者がかなりの時間を割いて、メールマガジンなどを出し続けて顧客管理を行いリピートを誘導し、、また、新商品を仕入れ、受注のあった商品は梱包、出荷などの作業も行わなくてはならない。

さらに、商品力という点では、他社商品との競争力とともに粗利率の高さが求められる。
シッピングモールに対して支払う毎月の賃料や売上歩合手数料を支払わなければならないからである。商品代金(売価)を高く設定しても他社商品に競争で勝てるなら、ある程度高めの売価設定が可能だが、なかなかそれが許されないのが通常である。

そのように考えると、シッピングモールが必ず儲かるかと言えば、さにあらず、商品や運営にかかる手間や経費のことをしっかりと計算して、答えを出さなければならないということである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネス活用例

ホームページをビジネスに活かす方法はいろいろあります。

自社のホームページに集客し、販売促進を図ることは当然、ホームページを維持するための大きな目的になります。
当社の例で見てみましょう。当社はhttp://www.shonansp.com というドメインで自社のPRサイトを持っております。

「ホームページ制作、藤沢」と検索してトップに表示されます。

「ホームページスクール」と検索すると2番目に表示されます。

このように、検索サイトに対応していれば閲覧者が多く、その結果、ホームページの制作依頼が来たり、スクールの受講生の応募があったりとビジネスに活用することが出来ます。

もし、実際にお客様に来ていただき、そして何かを買ってもらったり、ご相談に応じたりしてビジネスを始めたいと考えるなら、「地域、市町村名が重要だ」ということを忘れてはいけません。

検索サイトを利用する人は、例えば、「藤沢」とか「湘南」とか「神奈川」などと、出かけていける範囲を限定して検索をするからです。

このことを考えて、「誰に見てもらい」「何をしてもらうか?」をホームページの作りに活かすことをお勧めします。

また、有益な情報がいろいろと詰まっているポータルサイトは、閲覧者が多いということで広告主が集まる経済的な価値が認められます。
ポータルサイトが集めてくる閲覧者に対して、関連して興味を持ってもらえるホームページの広告バナーを貼り付けリンクを貼る・・・・この広告バナーの掲載に当たって対価価値が出て来ます。

こうしてポータルサイトを運営する会社も少なくないし、市役所、商工会議所、法人会などの公的な機関は、ポータルサイト的に有益な情報を満載にして、多くの閲覧者を集めればサイト運営費を広告収入で賄うことも出来るはずです。

但し、ポータルサイトというものは、有益な情報をタイムリーに、そして絶え間なく配信し続ける仕組みがないと成り立ちません。
そのためには、複数の担当者が、それぞれの持分を自分自身で配信することの出来るCMSが有効です。ブログのようにインターネットが繫がる場所なら、いつでも誰でも更新が出来る・・・・それがCMSです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットビジネスの潮流

携帯というモバイル端末はなんといっても注目です。

若者はPCよりも携帯でインターネットを駆使します。

ブログ、SNS、などインターネットを今まで以上にコミニケーションツールとして楽しんでいます。
このブログ、もうかなり一般的になっていますが、単なるホームページから、コメントやトラックバックといった機能が新たなコミニケーションに繫がるといった点が大きな特徴です。

またSNSは招待制のコミニケーションの場で、これは団塊サイトなど、高齢者にも使われつあります。

また、「You Tube」や「ニコニコ動画」といった動画サイトが人気です。
人気があるということは、見る人が多いということで、そこから新たなリンクサイトへのアクセスが期待でき、経済価値が出来つつあることを見逃せません。
画像が動くといったものは、視覚的に受け入れやすく、インパクトがあります。
今後はフラッシュの新しい活用方法も期待できりでしょう。

インターネットで情報配信をする際に、今までのように自分のパソコンでデータを作ってサーバーに送る形式から、サーバー側に直接書き換えてしまうASPサービスが主流になっていくでしょう。
CMSという形のホームページです。ブログの手軽さで配信ができ、閲覧者とのコミニケーションも取り易く魅力的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネスに活かす顧客の心理

インターネット上のホームページで商品やサービスを販売する、または商品やサービスを紹介して、ビジネスに結びつけるためにすべきことは、「実店舗の発想」これ以外にありません。

実際の店舗や会社のオフィスを構え、そこに多くの人を誘導し、新しいビジネスの契機を捉えようする時、その店舗やオフィスをどのようにするか?
まず、清潔で入りやすく、そして「何を売っている(サービスとして提供する)のか?」が明確であることが必要なことは誰でもわかります。

「一見さんお断り」、「限られた人だけが存在を知っていればいい」というような特殊な業種でない限り、入り口が分かりやすく、明るく、入りやすいことは重要な要素となります。

また、その店舗やオフィスが、飲食店なのか、雑貨屋なのか、司法書士の事務所なのか、水道工事の業者なのか・・・・店舗やオフィスの外観に何らかの看板や表記があってしかるべきです。そのようなものがあって、安心して入って食事をしたり、商品を買ったり、相談をすることが出来るというものです。

インターネットのホームページにおいてはこのあたりが不明確なものがたくさん見受けられます。ホームページが開かれた瞬間に「何をしている店舗(会社)なのか?」を明確にしていないホームページは、その先のページを開いて見てようという気持ちにさせません。

そもそも、ホームページによる情報の発信は、技術的にも比較的に垣根が低く、ちょっと学んだことのある人なら誰でも可能です。また、インターネット上には悪意に満ちた社会的に容認できないホームページも多々あることは事実です。従って、インターネット上の情報には信憑性の低いものも多数含まれていることを認識していなければならないし、信用されにくいということを重々承知しておかなければならないのです。

ここがポイントです。インターネットの弱点を逆手にとって対処をすべきだということです。

ホームページに信憑性を持たせるためにどうするのか?

まず、「誰が運営しているホームページなのかを明確にすること」これが一番大切です。会社概要、店舗概要の表記はもちろん、社長や店長の顔、プロフィール、ご挨拶、信条なども大事です。世の中には、匿名のようなホームページが多いですからなおさら、私はここにいて(会社・店舗はどこにあって)、電話番号も明記してあり、いつでもお話が出来ますよ!」といった表現が大切です。

次に、情報が新しいこと、2年も3年も前の情報を掲載して、その後の更新をしていないホームページは、商品に埃がかぶっていて、売れていない田舎の流行らない雑貨店と同じです。そのようなホームページにたどり着いた人がいても、新しい取引のための問合せは見送りたくなるのが心情です。

このように考えていくと、実際の店舗やオフィスを持って、毎朝、掃除をして、埃を払い、お客様の来店を待つ姿勢をインターネット上のホームページを運営するに当たっても持っていなければならないということが分かっていただけると思います。

次にインターネットショップを営むに当たっては、実際の店舗で、レジに並んでお金を払い時と同様に、スピーディに、進められることが大切です。

また、昨今は個人情報の流出を嫌う消費者が多いですから、SSLで情報が暗号化されているインターネット上の仕組みも取り入れられている方が安心して買い物をさせられます。

「顧客の心理」という点では、インターネットで情報を検索し、目的の商品やサービスの提供を受けたいと思っている消費者は、インターネットの特性を活かし、必ず比較検討して、問合せをすることが多いことを忘れてはなりません。

実際の店舗やオフィスを数件廻ってから、どこで買物をするか?どこに相談を持ちかけるか?を決めるのは消費者心理としてもにもかなり面倒で、最初に行ってみた店舗やオフィスに決めてしまうことが多いのですが、ホームページの閲覧による比較検討は、まったく自由で楽な行為です。
だから、自ずとインターネットからの問合せの受注決定率は、低くならざるを得ないことも心得ておきたいものです。

不動産を借りたい人は、不動産会社のホームページを数社比較検討して、安心して相談できそうな会社を選ぶはずですし、建築関係の会社もまず、相見積もりをされることを覚悟しておくべきです。

このように、消費者にとってインターネットのホームページ情報は取得しやすく、検討しやすいわけですから、閲覧する消費者の心理をしっかりと読み込んで、消費者にとって有効な情報を発信し続けることが大事なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

インターネットで稼ぐには

まず、インターネットでどう稼ぐか?稼ぎ方にもいろいろとあります。
ネットショップでモノを売るのか?新規取引先に自社製品を買ってもらうのか?自社のビジネスをさらに強くするための資材や人材を導入するのか?といったビジョンが必要です。

単純にネット通販で稼ぐとしても、仕入れの原価、販売費、一般管理費などの必要経費、をどう抑えて稼ぐかといった問題を解決する必要があります。
ネット通販は、店舗の立上げに際して実際の店舗を立ち上げるのに比べればかなり経費的に楽に実現することが出来ますが、コストがかからない分、楽に稼ぎがあげられるかと言えばそうでもありません。

また、インターネットで新しい取引先を開拓して、商品開発費を低く抑えてみたり、優秀な人材を採用することで結果的に会社のビジネスが活性化され稼ぐことができるという結果につながることも少なくないでしょう。

いずれにしても、インターネットで稼ぐにはまず、サイトを見てくれる人を増やすこと、そして問合せなどの次のアクションを起してもらい易くサイトを構築しておくこと、このふたつをしっかりと行っておかなければなりません。

さらに、どういった人達に見てもらいたいのか、そして何をしてもらいたいのか?といったストーリーを立てて、独りよがりにならないような広告手法をとる必要があります。

また、インターネットだけではなく、電波媒体、紙媒体との組み併せにより一層の効果が現れ、結果的に稼ぐことができること・・・インターネットだけがすべてではない・・・・ということも忘れてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネットで“できる”こと

インターネットと聞いてホームページを見ることを思い浮かべる方は多いはずだ。しかし、インターネット利用人口のうち、携帯でメールをする人もインターネット利用者であることを忘れてはならない。

e-メールという切手もいらず瞬時に送信できる便利なツールはインターネットで行われている。

サーバーという機会を通して電子化された文書や画像を送受信する仕組み、これがe-メールであるが、ホームページの配信や閲覧の仕組みも同様である。

閲覧させるだけの情報の発信のみのホームページに「商品を販売する」仕組みや「問合せ」をしてもらう仕組みを取り入れるためにはe-メールを活用し、消費者のリアクションを期待する・・・これもインターネットの“できる”ことの大きなものである。

さて、一般の人たち(消費者)にとって、このホームページだが、“できる”こととして比較的敷居の低いことは「閲覧」だろう。Yahoo!やGoogleといった検索サイトを使って知りたい情報について書かれているホームページを探し出し、そして閲覧する。こうして情報を取得するわけだが、世の中には様々なホームページがあふれているので情報の取捨選択、信憑性の評価については自分自身で慎重に行わなければならない。この点は後述しようと思う。
一般の人が検索して取得する情報だが、旅行先の観光地、宿泊先のホテルや旅館、飲食店などは便利なはずだ。
また、辞書のように知らなかった言葉について調べてみることも多いはずである。さらに、求職者にとって、企業の求人募集状況や待遇なども良く閲覧されるはずである。

当然、ビジネスの世界でもホームページによる企業情報の調査は行われ、行政における競争入札の決定のための情報収集などにもホームページは閲覧される。

ということは、インターネットを利用する人に対して情報を発信することができることを忘れてはならない。自社のホームページという形で自社の商品やサービスを公表し、その結果、取引へ導くことはテレビやラジオでコマーシャルをうったり、新聞広告や新聞折込広告を作って配ることより往々にして安価に実現する。
また、テレビやラジオ、新聞広告などに比べホームページによる情報配信は技術的にも経費的にもハードルは低いので誰もが比較的安易にできてしまい、それ故に情報の信憑性に疑問を持つ必要がある。(先ほど後述するといった部分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在のWebビジネス市場動向

財団法人インターネット協会が発表しているインターネット白書2007によると、インターネット利用者はますます増加し、その増加は高齢者への普及、浸透という形で裾野を広げていると言って良い。

また、若年層は携帯電話でインターネットを利用し、通信手段としてのメールはもちろん、小額のショッピングなどにも利用されていることを注目したい。

この携帯電話を利用したインターネットの利用者の広がりは、今後、成人、熟年者、高齢者へと広がり、インターネット利用人口をさらに広げていくに違いない。

ということは、今後の注目の方向として以下のふたつが考えられる。

1.高齢者が注目し、情報を収集したがるコンテンツを盛り込んだPCサイトの構築

2.成人層が注目し、活用する携帯サイトコンテンツの構築

1.については、もうすでに団塊世代のSNSが次々と立ち上がり、多くの事例を作っているし、ブログを活用した人生経験や趣味の発表がビジネス利用されることが大いに期待できる。

2.はQRコードを利用した求人広告、あるいは携帯クーポンという形で紙媒体との併用によるプロモーションミックスが今までよりもさらに浸透し、常識化すると考えられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最新の集客テクニック

インターネットのホームページに集客すること・・・これって大事ですね?まず、最初に「ホームページの基本的な構造が検索サイトに対応しているか?」ということがポイントですが、これをSEO対策といいます。

SEO対策に関しては、ホームページを立ち上げた後も絶え間ざる努力を続けて検索サイトに上位表示されるようにしなければなりません。
更新の頻度を高めること、信用あるホームページからリンクを貼ってもらうことなどもSEO対策として有効です。
このあたりを有料で代行してくれる会社も存在します。

また、検索に使われそうなキーワードに対して有料で広告費を支払って、検索サイトの上位に表示させる方法もあります。Yahoo!ではオーバーチェア、Googleはアドワーズというキーワード広告の手法があります。

さて、「最新」ということであれば、You Tube などの動画サイトに動画を投稿して、そこからのリンクで誘導するという手法もあるようです。最近の「動画人気」の利用です。
但し、この場合、集客した結果が売上に繫がるかどうかは疑問です。

最新かどうか分かりませんが、最近テレビやラジオ、それから雑誌などでも良く見かける集客法としては、「□□□□□□で検索」といった表現です。それから、「続きはネットで!」という表現も多いですね?

短い時間、限られたスペースでは伝えきれない情報を伝えたい時、興味を持ってくれた顧客候補に追加情報を与えるためにホームページは重要であることが良く分かります。

テレビやラジオ、雑誌などに広告を出すのはかなりの宣伝費がかかりますが、この手法を参考にすると、名刺に大きめにURLを記載することはもちろん、店舗の看板や社用車などに掲出することも有効です。

また、携帯サイトに関してはQRコードの活用です。携帯電話用のホームページにクーポンを載せ、それを集客の手段にすることはかなりポピュラーです。そのために携帯サイトに簡単にアクセスさせるためにQRコードが便利です。最近の携帯電話はバーコードリーダーでQRコードを読み取れるようになってますから、このあたりも利用したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)